2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.02.12 (Mon)

再度、

再度、

行ってきました~!!

ミュランガイド9年連続「」獲得のお店。

s-2018 2-12⑪

まずは、春節限定の冷泡茶
24時間水出しした「白桃ウーロン茶」
バカラのグラスで味わう!!
s-2018 2-12②

桃の香が付いた、ウーロン茶で、

「おいしいーーー。。」

s-2018 2-12①

後、「東方美人」のウーロン茶をオーダー。
s-2018 2-12⑩

紅茶の高級ダージリンに近く、茶葉本来の
甘味がすごく心地よく、超~おいしかった。

「たまらんねー!!」

お湯を継ぎ足してもらってからは、
やはり香が抜けてしまって、味が落ちてしまった。

「まあ当然やな!!」

特製オードブル盛り合わせ
s-2018 2-12③

鶏肉とキクラゲ入りとろみスープ
s-2018 2-12④

海の幸三種と季節野菜のXOソース炒め
s-2018 2-12⑤

メバルの姿蒸し 魚醤ソース
s-2018 2-12⑥

揚げもの二種盛り合わせ
s-2018 2-12⑦

炒飯
s-2018 2-12⑧

杏仁豆腐 タピオカ入りココナッツミルク 胡麻団子
s-2018 2-12⑨

ダシ・スープが超美味しいので、

「いや~、うなるな!!」

「たまらんなー!!」

あのシェフ自らがテーブルに足を運んで下さり、
名刺まで頂き、色々と料理の話もさせてもらえて
貴重な時間となりました。

「いや~、ありがとう!!」

「ごちそうさまでした。」

本日の格言:『美味とは食物そのものにあるのではなく
         味わう舌にあるものである。』
        (ジョン・ロック)


スポンサーサイト
20:15  |  Blog

2018.01.30 (Tue)

これは、、、

これは、、、

「いや~、読みました~!!」

前々から読みたいと思っていた、

この本!!

海賊と呼ばれた男

「いや~、ええ話やね~!!」

せっかくなので映画も観たけど、
本の方が想像力を働かせれる分、
だんぜん よかったなー!!

 
本日の格言:『踏まれても叩かれても、
         努力さえしつづけていれば、
         必ずいつかは実を結ぶ。』
                  (升田幸三)



15:50  |  Blog

2018.01.17 (Wed)

ちょっと変えよかっ、、、

ちょっと変えよかっ、、、

最近は同じ作者の本ばかり読んでいたが、

たまには、気分を変えて。

ってことで、

「読みました~!!」

s-影法師

「・・・」

「ほんま、ええ話し、やね~!!」

「感動やね!!」

「こんな人生、送れるかっ??」

「う~ん、、、、」


本日の格言:『もし君が悩む友を持っているなら、
         君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。
         だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。
         そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。』
         (ニーチェ)


19:36  |  Blog

2018.01.15 (Mon)

ようやく、、、、

ようやく、、、、

これは、昨年12月のことだった。

「読みました~!!」

「ようやく。。。」

s-坂の上の雲1
s-坂の上の雲2

夏の終わりごろから、ちょこちょこ読んでいたけど、
長編過ぎて、なかなか読み終わらなかった。。。

「いや~、しかし、あれやね!!」

「色々と考えさせられたな。」

「この時代に自分が生きていたら??」

「・・・」

本日の格言:『人の希望は、初め漠然として大きく、
         後、ようやく小さく確実になるならびなり。』
                            (正岡子規)

22:07  |  Blog

2018.01.12 (Fri)

お気に入り。。。

お気に入り。。。

これは先月のことだった。。。

師走で慌ただしく毎日が過ぎて行くなか、

お気に入りの温泉付きホテルに計3回行った。

先日、初回に行った時の様子は、このBlogに掲載
したが、2回目は、Xmasちょっと前、3回目は、
アフターXmas。

20171218⑥

2回目の時は、前日から寒波が襲来。
遠くに見える山の頂は、雪化粧。
20171218①

20171218②

20171218③
20171218⑤

そんな中、

部屋の温泉で、「まったり~!!」
20171218④

「いや~、癒されるよねーーー!!」


また、行こっと。。。


本日の格言:『太陽の光と雲ひとつない青空があって、
         それを眺めていられるかぎり、
         どうして悲しくなれるというの?』
        (アンネ・フランク)


16:22  |  Blog
 | HOME |  NEXT