FC2ブログ
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.09.22 (Sun)

じゃがいも!!

じゃがいも!!


今日はじゃがいも!!

じゃがいもと言えば、『男爵』と『メークイン』が
思い浮かぶところだが、種類は60種はあるらしい。

日本にじゃがいもが入ってきたのが、慶長三年(1598)、
もしくは、慶長八年(1603)と言われている。

いずれにしても、オランダ人によって、ジャワ島のジャカトラ(現ジャカルタ)から
長崎の出島に持ち込まれたが最初。

当初は、「じゃがたらいも」と呼ばれていたが、徐々になまって、
「じゃがいも」と呼ばれるようになった。

丸い形が農耕馬の首に付ける、鈴に似ていることから『馬鈴薯』とも呼ばれる。

全国で一番じゃがいもの生産量が多いのは、北海道。

じゃがいもの最盛期は9月~10月。

なので今が旬真っ只中。

「いや~、今日はじゃがバターやね~!!」

「じゃんじゃん食べてね~!!」



「って言うか、もう晩ご飯食べたな!!」



本日の格言:『芋の煮えたも、ご存じない(いものにえたも、ごぞんじない。 )』
意味:いもが煮えているのか、煮えていないのかの区別が分からないような
世間知らずで育ちのいい人をからかっていう言葉。
(ことわざ)



19:55  |  食べ物

2013.09.14 (Sat)

鮭(しゃけ・さけ)!!Part③

鮭(しゃけ・さけ)!!Part③

「またまた、鮭の時間で~す!!」

先日のBlogの最後に、

『この他の鮭の呼び名として、メジカやホッチャレがある。

これらは、また今度。』

っと書いたので、それらの解説。

「いや~、ほんまに書くんやね~!!」

「ひょっとして、血液型はA型???」

「???」

「う~ん、おしい。」

「めっちゃおしい。」



『メジカ』は成熟までまだ少し間がある鮭のこと。
産卵には少し早いため脂肪分が多く、旨みが強い。

産卵の準備ができていないので鼻が発達していない。
アキアジに比べて目と鼻先の間隔が短いことから
メジカ(目近)と呼ばれる。

『ホッチャレ』とは、産卵を終えて瀕死でボロボロ状態の鮭のこと。
『放っちゃれ』が変化したと言われる。

ちなみに、前回のBlogから続いた、
『アキアジ』・『トキシラズ』・『ケイジ』・『メジカ』・『ホッチャレ』
はすべて、白鮭の事。

白鮭は、日本で最も多く採れる鮭。単に鮭とも呼ばれる。

他には、『銀鮭』や『紅鮭』、『キングサーモン』、『アトランティック・サーモン』・
などがある。

「いや~、鮭にも色々ありますな~!!」


本日の格言:『網の目に風とまる』
         意味:ありえないことのたとえ。
         (ことわざ)


20:28  |  食べ物

2013.09.10 (Tue)

鮭(しゃけ・さけ)!!Part②

鮭(しゃけ・さけ)!!Part②

今日も、鮭(しゃけ・さけ)について!!

鮭と言えば、北海道でしょ!!

「いや~、思い浮かぶなぁ~??」

「熊さんが、川で鮭を獲っているシーン!!」

その熊さんの漁獲量は知らないが、北海道の鮭の漁獲量は
全国の8割を占める。

鮭の呼び名には、アキアジやトキシラズ・ケイジ
などがある。

アキアジは、生まれ故郷の河口で産卵準備をしている状態のもの。
時期が9~11月で秋の時期だからアキアジ『秋鮭』と呼ばれる。

このアキアジが一般的に出回る鮭である。

トキシラズは、5~7月頃の季節外れの鮭の事で、
『時不知』と書く。

本来秋に獲れるはずの鮭が、この時期に獲れるので
そう言われる。

まだ産卵期ではないため、筋子や白子はない。
故郷の川へ遡上するため脂が乗っている。

ケイジは幻の鮭で、若い鮭のこと。
『鮭児』と書く。

産卵の準備がまだで、本来は翌年に産卵する個体。
栄養を溜め込んでいるため、脂がたっぷり乗っている。

めったに獲れないために1キロ当たり数万円となること
もある超高級品。

この他の鮭の呼び名として、メジカやホッチャレ
がある。

これらは、また今度。

「いや~、熊さんの好みはどれかなぁ~!!」


本日の格言:『網にかかった魚』
意味:逃げようにも逃げられない、どうしようもない状態のこと。
(ことわざ)



13:05  |  食べ物

2013.09.09 (Mon)

鮭(しゃけ・さけ)!!

鮭(しゃけ・さけ)!!

「いや~、鮭(しゃけ・さけ)やね~!!」

先週は、教室で「サーモンムニエル・タルタルソース」を
やった。

まさに今旬の北海道の秋鮭を使用してムニエルにした。

脂ものっており、最高なのだ!!

なので、今日のテーマは、鮭!!。

鮭は、自分の生まれた川に戻る(母川回帰)話しは、
遠ーーーい昔に、このBlogで書いた。(たぶん??)

そこで、なぜ母川に戻るのか?

これも一説を書いた?ような気がするが、
以下に列挙してみた。

・太陽コンパスや偏光を利用して移動
・磁気を感知して移動
・海流に乗って移動するか、海流に逆らって移動
・均一条件を持つ水塊に乗って移動
・適水温と餌を求めて移動
・子どもの頃の川の匂いを覚えていて、それを思い出しながら移動
・月光を利用して移動

このように、さまざまな定説があるのだが、
決定的な定説はないそうだ。

新たなAKIO説によると、

・実は、どこにも行かず同じ川で引きこもり、嫌気がさして3・4年後に姿を現す



「いや~、やっぱり鮭って神秘的~!!」




本日の格言:『Even the weariest river winds somewhere safe to sea.』
        『流れの緩い川でも巡り巡って海へとたどり着く』
        (英語のことわざ)         


20:33  |  食べ物

2013.09.05 (Thu)

なす!!

なす!!


「いや~、今日は『なす』の気分やね~!!」

「そーいう事にしといてね~!!」

っという事で、今日は『なす』について。

『なす』の旬は、夏から秋にかけて。

なので、今は旬まっさかり。

栄養素は、ほとんどが水分であるが、皮の紫色の
色素がナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種で
血液をサラサラにしてくれる。

選び方は、ヘタがピンとしているもので、
皮の紫色が艶やかで、はりがあるものが新鮮。

保存法は、基本常温。『なす』は低温に弱いので、
冷蔵庫に入れるのであれば、新聞紙で包んで、
野菜室で保存。

1週間くらいは日持ちする。


「いや~、『なす』喰いてぇ~!!」


本日の格言:『秋茄子は嫁に食わすな
        (あきなすはよめにくわすな) 』

意味:おいしい秋のなすは、もったいないから嫁には
食べさせるなという姑の嫁いびりの言葉。
また、反対に、なすは体を冷やす、あるいは種が少ないので
子供ができないといけないから、嫁には食べさせるなという
嫁を大切に思う言葉。
(故事ことわざ辞典)



16:31  |  食べ物
PREV  | HOME |  NEXT