FC2ブログ
2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.07 (Sun)

イタリア旅行⑦

ミラノホテル2010年10月24日 くもり

今日は、フィレンツェからミラノに移動。ローマからフィレンツェ
と同じように快適なエウロスターの1等に乗車。

4人掛けの席に、アメリカのマイアミから来た夫婦とイタリア
ミラノドゥーモボローニャ出身の女性と一緒になった。

このボローニャ出身の女性は、女優の卵である。聞けば、スイスの
養成学校で女優になる為の訓練を受けているという。毎日8時間
みっちり、歌にダンスに水泳(体を鍛えるため?)、その他色々に
励んでおり、「息が詰まりそう~~」と言っていた。
ガレリア
今は休暇で息抜きのため旅しているらしい。

「女優の育成学校か~、すごいな~」と思った。

マイアミからの夫婦は、エジプトから始まり、ギリシャ、
そしてイタリアを1ヶ月かけて旅行しているという。

もう定年退職しており、悠々自適の生活のような感じだ。

「羨まし~

そんなこんなで、ミラノに到着。

ミラノの中央駅から地下鉄に乗り換えホテルへ。ホテルの最寄駅から1.5km程度。
バスもありそうだが、どのバスに乗ったらいいのかも分からず、徒歩で向かう。

やっぱり迷いながらホテルへ到着。チェックイン!!

フロントマンはとてもいい感じの人で、一通りの手続きを済ませ部屋の鍵を
渡してくれた後、ミラノの地図をくれ、街の中心部への行き方やトラム(路面電車)の
ルートなど色々教えてくれた。

「何と親切

この説明の後に、「部屋の鍵はこっちだった。」と言って、初めに渡された鍵と
交換した。

部屋に行くと、シングルの予約なのにダブルのいい感じの部屋だった。
おそらく、鍵を交換したときに、アップグレードしてくれたのだ!!
「Grazie!!(グラッツィエ) =「ありがとう」 ←これイタリア語

前日までは、独房生活だったのでとてもありがたい。
「うれしいかぎりやね~

さっそく、教えてもらったトラムに乗って、ミラノのシンボル「ドォーモ広場」へ。
これまたすごい建築物。フィレンツェとは違った趣がある。
「イタリアは奥深いな~」と感心。

その後、ぶらぶらあてもなく散策し、お茶をして退散。

「いい日やね~



本日の格言:『喜んで事を為し、為された事を喜ぶ者は幸福である。』
                                     (ゲーテ)






スポンサーサイト



19:55  |  旅行
 | HOME |