FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.11.23 (Wed)

パリ④

2011年11月8日 くもり時々霧雨
ブブロン村①ブブロン村②モンサンミッシェル①パン・オ・ショコラ
今日は、フランスで楽しみにしていた
世界遺産の「モンサンミッシェル」に
行くツアーに参加。

前回のイギリスでのツアーとは違って、
今回は日本語ガイドツアーなので、参加者は
全て日本人。新婚旅行で来られているカップルも
多く、8組もいた。

パリからモンサンミッシェルに行く途中に
トイレ休憩も兼ねて、フランスで最も
美しい村に立ち寄った。

小さな村の小さなパン屋さんで、
「パン・オ・ショコラ」と
「アップルパイ?」を購入。

ここの「パン・オ・ショコラ」が絶品

一口目、

「・・・」

「来たぁ~、来た~あ!!」

外はパリッと、中は軽くてしっとりで、
「超おいしい~~!!」

同様に、アップルパイみたいなのも生地が
めちゃ旨。

*後から振り返って、パリでも色んな店の
パンを食べたが、この村のパン屋さんが
断とつナンバーであった。

モンサンミッシェルに到着。

まずは、ランチ。

ここの名物は、「オムレツ」だが
評判がよくないので、食べなかった。
ブイヤベース
ランチメニュー
前菜:ブイヤベース(魚介スープの具なし)

*南フランスの魚貝のスープで、本来は、
魚介類がたっぷり入っているが、ランチの
お得セットコースということで、具なし!!

メイン:ローストポーク・ノルマンディーソース
デザート:クリームブリュレ
ローストポーク
ブイヤベースは、添えにちゃんと「ルイユ」
も付いており、魚介のダシもでていて、味も濃厚。
なかなか美味しかった。

メインの豚は、豚自体が美味しくなく、
ソースも全くボケた味で、全然ダメ・ダメ!!

クリームブリュレは、好きなデザートの一つだ。
今回のも、ちゃんと表面にブラウンシュガーを
焦がし、パリッと仕上げてある。
クリームブリュレ
「いや~、美味しいね~」

ランチ後、集合まで時間があったので、
お土産売り場を散策。

昨日スーパーで買った、ゲランド産の最高級の塩が、
何と 125gで8ユーロ(約¥880)。

ちなみに昨日の買値。
500gで1.55ユーロ(¥170.5)
モンサンミッシェル②

「ぼったくったらアカンよ~

って感じ。

その後、モンサンミッシェルの修道院を見学。
この建物の主だった所は、ゴシック様式で
建てられているということであるが、色々な
箇所で中世の建築様式が混在しており、とても
歴史を感じた。

「いや~、モンサンミッシェルやね~!!」
モンサンミッシェル路地

あいにくの天気で、モンサンミッシェルのベスト
ショットは撮れなかったが、まあなかなか楽しめた。

その後、パリに戻り14時間ほどのツアーが
終わるのであった。

「遠~いね~、しかし。」



本日の格言:『われわれは、われわれの歴史
           のなかにわれわれの未来の秘密が
             横たはつてゐるといふことを本能的に知る。』
                                 (岡倉天心)



スポンサーサイト



20:28  |  旅行
 | HOME |