FC2ブログ
2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.05.24 (Thu)

パリ⑨2012年

2012年5月11日 Part② 雨、後くもり

凱旋門凱旋門からシャンゼリゼ通り

「やっぱり観光の日っ」って事で、
ランチの後、やっと観光!!

まずは、シュンゼリゼ通りの『凱旋門』へ。

パリには、『凱旋門』と呼ばれる門が5つあり、
ここの『凱旋門』が一番有名なのだ。

これは、ナポレオンが建造を指示し、
1835年に完成。

上に登れるので、早速登ってみた。

入り口には、「階段が284段、高さ50m」と
書いてある。

ランチをたらふく食べたので、お腹いっぱい。。

螺旋の階段を登っていると、

「気持ち悪ぅ~!!」

「吐きそう。。。」

「これは、何かの罰ゲーム??」

って感じすらしてきた!!

そんなこんなで、到着!!

「いや~、やっぱパリやね~!!」


続いては、『オランジュリー美術館』へ。

クロード・モネの最後の大連作『睡蓮』が
2つの円形の部屋に、4枚ずつ計8枚展示
されているだ。

っという事で、鑑賞。

「おっ~、睡蓮や~!!」

「めっちゃ、睡蓮や~!!」

「いや~、睡蓮や~!!」

っと、『睡蓮』を堪能するのであった。



それから、パリ最古のビストロでディナー。
ここは、1686年創業。ルソー、バルザック、
ダントン、ロベス・ピエールなどが常連で、
ナポレオンが将校時代にカフェ代が払えないので、
その代わりに置いていった帽子が店内に飾られているだ。

「まあ、旅の思い出やな!!」


それから、ルーブル美術館へ。

昨年、ルーブル美術館へ行ったが、
財布が無くなった日に行ったので、
テンション低、低だった。

なので、もう一回。

と言っても、『ドラクロア』の超有名な
『 La Liberte guidant le peuple
       - 民衆を導く自由の女神』
が見てみたかっただけなのだ。

おなじみの手法として、案内の人に、

「この絵はどこですか?」作戦で攻める!!

途中、『モナ・リザ』に、
「久しぶりっ」っとご挨拶。

相変わらずのようだった。


そんなこんなで目的の絵に到着。

「おっ、これがリベラ何ちゃらやな~」

「いや~、何ちゃらやね~!!」


「そろそろ、帰ろっと」

やはり、挨拶して帰る必要があるので、
また、『モナ・リザ』に寄り、

「バイバイキーン!!」

と一声かけて帰るのであった。
ルーブルからの夕景


こんなルーブル美術館内での帰り道、
外は幻想的な世界が広がっていた。

「おっ、めちゃキレイ!!」

大好きな、紫ががった夕景だった。





夕景
ルーブルピラミッド


「いや~、最高!!」





本日の格言:『芸術は経験より高尚な形の知識なり。』
                      (アリストテレス)



スポンサーサイト



14:27  |  旅行
 | HOME |