2013年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.10.31 (Thu)

2013年 ロンドン①

ロンドン① アフタヌーンティー編

今回の旅は当初、イギリスに行くつもりはなかった。

日本からパリに入り、フランス国内を南下して
マルセイユに行き、そこからクルーズ船に乗るつもり
をしていたのだ。

しかーーーーし、

どーしても、本格的アフタヌーンティーを体験したくなったのだ。

毎年ロンドンでは、「トップ・アフタヌーンティー・プレイス」が発表される。

これはとても名誉ある賞らしく、『紅茶界のオスカー』と呼ばれて
いると、4月に紅茶セミナーに参加した時の先生が言われていた。

2013年、28回目の栄えある「トップ・アフタヌーンティー・プレイス」
に選ばれたのが、

『The Goring Hotel(ゴーリングホテル)』

そこに、

行ってきました~!!

ここは、英国王室御用達の5ツ星ホテル。

2011年のロイヤルウェディングの際に、キャサリン妃が独身最後の
夜を家族と一緒に過ごしたホテルって、これまた紅茶の先生が言われて
いた。

そんな格式のあるホテルなので、

これまた、びしぃーーーーっとスーツを着てホテルへ。

「予約してるんですけど!!」

と予約詳細の紙を係りの人に見せる。

係りの人が、

「Welcome、・・・・」

とものすごい笑顔で迎え入れてくれ、

すぐその人が、席に案内してくれた。

「いや~、なんかいい感じ~!!」

雰囲気はすごく落ち着いた感じで、
客層は、年配の方が多くとってもハイソな感じ。

しばらくして、係りの人が注文を取りにきてくれた。

もちろん、アフタヌーンティーを注文。

紅茶は、6種類?から選べた。

ここで出している紅茶は、4月の紅茶セミナーを受けたときの
ティーカンパニーの紅茶なのだ。

どれも美味しかったので、最終的に、アールグレイを
注文するか、ダージリンを注文するか迷ったが、

「やっぱり、ダージリンでしょ~!!」

と思い、

『プレミアム・ダージリン』を注文。

まず、最初に紅茶と
『ロブスターとゆで卵のマヨ和え、コンソメゼリー寄せ』
が出てきた。

ロブスター


「いや~、きたきた。」

「紅茶!!」

「お~、すべてに品がある感じ!!」

もちろんカトラリーやティーポット・
ミルクポットはシルバー製。

磨き込まれている。

早速、『ロブスターとなんちゃら』を食べてみる。

「どんなんかなぁ~??」

「???」

「まぁ、ロブスターやな!!」

って感じ。

「それでは、紅茶をたしなもかぁ!!」

まずは、香り!!

「う~ん、ダージリン!!」

お味は?

「う~ん、やっぱりダージリン!!」

その後、夢にまでみた、っという記憶はないが、、、
あのアフタヌーンティーの3段トレーが運ばれてきた。

3段プレート1
3段プレート

「いや~、きたきた」

「これよ、これ!!」

係りの人が、説明をしてくれた。

まずは、下段のサンドイッチから頂く。

「う~ん、サイドイッチやっぱりいまいちやな!!」

海外のサンドイッチってパンがパサついていて、美味しくない。

続いて、スコーン!!

プレーンとレーズンがあり、まずは、プレーンから。

半分に割り、ブルベリージャムとデボンシャークリームを
たっぷりつける。

「いや~、きたよ、きたーーー。」

久しぶりに美味しいデボンシャークリームを食べた。

「これを食べにきたんよね~!!」

と思いながら、たっぷりつけてまた食す。

その後、上段のデザートは2種類ほど食べた。

イチゴのタルトは美味しかった。

さらに、最後にデザートがでてきた。

最後のデザート

紅茶は、最初から最後まで、ティーカップの
紅茶が減ってくると、常に注ぎ足してくれるので
ある。

「いや~、アフタヌーンティーってええな~!!」

「まったりとしたこの時間と空間を味わい、至福やね~!!」

「いや~、ロンドンに来て正解やったね~!!」



本日の格言:『時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。』
                                 (渡辺和子)


スポンサーサイト
22:59  |  旅行
 | HOME |  NEXT