FC2ブログ
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.19 (Sun)

鍋レッスン??Part②

鍋レッスン??Part②

「いや~、激寒むぅ!!」

「そんなときは、???」

「鍋でしょ!!」

ってことで、

突然、

先日の「ネスレ日本」さんがHPで掲載している、
ブイヨン洋風カレー鍋をレッスンで実施しました。

今回は、『簡単早変わり 牛肉のトマトカレー鍋』をご紹介。

先ずは、マギーブイヨンベースのだし汁で、鍋を頂く。

s-簡単早変わり 牛肉のトマトカレー鍋1

それから変化を付けるために、トマトの角切りとカレー粉
を加えて頂く。

s-簡単早変わり 牛肉のトマトカレー鍋2

s-簡単早変わり 牛肉のトマトカレー鍋3

この鍋のレシピを考案した人は、

『うま味の相乗効果』を意識したのかな??

牛肉などの肉類には、うま味成分の「イノシン酸」が多く含まれ、
トマトには、昆布と同じうま味成分の「グルタミン酸」が多く含まれる。

これらのうま味を単独で使うより、掛け合わせることにより、
うま味が、7倍になると言われている。
*違う文献では、10倍とも。

これを料理の世界で、「うま味の相乗効果」と呼んでいる。

なので、和食の昆布(グルタミン酸を多く含む)と
かつお(イノシン酸を多く含む)でとっただし汁は、
相乗効果でうま味が7倍にもなり、とても理にかなっているのだ。

「いや~、相乗効果やね~!!」

「♪グルグルグルグル グルコサミン♪って感じやね!!」

「・・・」

「先生、、、」

「なんですか??」

「グルコサミンと違うでぇ!!」

「グルタミン酸やで!!」

「・・・」

「えっ、、、」

「知ってたでぇ!!」

とか言いながら、

レッスンしましたー。


「いや~、グルってたよねーーー!!」


ご協力頂いた生徒のみなさん、

「ありがとうございました!!」


興味のある人は、下記URLのレシピを見て作ってみて下さい。
    
ブイヨン洋風鍋



本日の格言:『美味とは食物そのものにあるのではなく
         味わう舌にあるものである。』
         (ジョン・ロック)

15:55  |  Blog
PREV  | HOME |  NEXT